2018年6月18日

良いステージ設営の要点

イベントなどでゲストをお呼びする際、ステージを設営する必要が時にあります。

専門に行ってい業者に頼むのも良いのですがどうしてもお金が多くかかってしまうため、予算が足りない時にはどうしても自分たちでステージを設営するほかありません。不安でいっぱいかもしれませんがいくつかの要点を抑えれば全く問題ありません。まずスタッフの場所ですが人々はスタッフを見に来ているのではなく、ゲストさんなどのステージの上の人を見るために来るのですから、スタッフは音響設備班も含めて会場の一番後ろになります。

会場には多くの人が来るため、どの場所で聞いてもかき消されることなく同じ大きさの音で聞こえるのが理想です。観客席を取り囲む配置でスピーカーを設置し、サンプル音源を鳴らしながらあちこちに立って聞いて比較しましょう。また、観客の声援や服などに吸収される音もあるのでスピーカーは出力に余裕のあるものにしましょう。慌てて音量を無理やり上げると音が割れてしまったりスピーカーの寿命を縮める要因にもなります。

演出で水などを用いる場合には機材がその位置に置いて無事かどうか確認することも必要です。機材が高価なのはもちろんですがステージの最中に機材が壊れてしまうと一部のお客さんには聞こえない音ができてしまう可能性があります。光の当たり方も一点に集中させすぎると熱くなってしまうので注意が必要です。設営はパソコン上でシミュレーションもできますので試してみてはいかがでしょうか。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *