2018年6月12日

ステージ組み立てのアルバイト

ステージ組み立てのアルバイトとは、例えばコンサート、ライブ、講演会などが行われる前に、その会場設営を行う仕事と言うことができます。

会場によっては行われる会の目的に応じて既にセットアップがなされている場合もあります。例えば専用のコンサートホールなどでは既に座席は固定式で用意されていますし、演奏するためのスペースも用意されています。こういう場合には設営は最低限で済みますが、それでも全く不要になるわけではありません。演奏家のための椅子や譜面台、指揮台などは搬入しなければならないでしょう。

一方で、このような専用のホールは、設営準備が最低限で済むというメリットはあるものの、汎用性に乏しくなります。専用のコンサートホールで、アリーナ形式のライブイベントを開催するようなことは困難でしょう。そのため、汎用性を重視したホールも多く、そういう場合には組み立てに準備が必要となります。汎用性を重視したホールというのは、場所としては全くの平面フロアだけであることも少なくありません。

ここにステージを設け、観客のための椅子を並べ、場合によっては階段状に会場を組み立てる必要もあります。また、ステージだけではなく音響機器、照明機器などについても自前のものを運び込んで設置なければならないこともしばしばです。このような作業を行うことになるのがアルバイトスタッフの役割ということになります。将来的にこのようなイベント関係、音楽関係の仕事に就きたいと思っている人にはよい経験でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *