2018年5月15日

ポータブル式の簡易ステージの設営を行う

何かの催し物やイベントを開催する際に、大きな規模のイベントになるとステージ公演を行うことも珍しくありません。

講義や講演の演台からライブやダンスイベントなど様々な種類のイベントがありますが、用途に合わせて専用のステージを設営する必要があるので、機材や設営スタッフは外部の専門業者に依頼することが重要になってきます。コストの面で余裕がある場合は専門業者に全て任せておけば問題はありませんが、イベント開催はできるだけ費用を抑えて行いたいと思っている方や、個人でイベント開催を行うつもりの方は、自分でステージ設営を行うことも多くなっています。そこでセルフ設営の手間を少しでも抑える方法として、注目されているのがポータブル簡易ステージを購入する方法です。

このポータブル簡易タイプの特徴は、通常舞台の足場と呼ばれる部分は、個別の機材を一つずつ組み立てていく必要があり、どうしても少ない人数では時間がかかってしまう手間がありました。しかしポータブル簡易タイプなら、折りたたみ式のライザーと呼ばれる足場をパッと開くだけで簡単に足場を完成させることが可能になっているので、上に専用の天板を乗せてネジで締めることで設営は完了します。高さを出したい場合は専用のライザーをスタッキングすることで、高さも20センチから120センチまで幅を出すことが出来るので、用途に合わせて使い分けをすることが出来る点も人気の理由となっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *