2018年5月12日

ステージの設営とは?

ステージの設営といえば、何を思い浮かべますか?即座に、ステージとそれを観賞するお客さんの席を準備する事が思い浮かぶとか思います。

そしてステージといえばイベントではないでしょうか。コンサートやライブ、学園祭やキャラクターショーなどなど、多種多様なイベントがあります。外注によるステージ設営の主な流れは、まず設営のための準備をします。機材や道具などのリスト・当日のタイムスケジュールの確認後、トラックへの積み込み、会場への搬入・積み下ろし、そこから設営が始まります。会場によりさまざまな様式が考えられますが、主に音響や照明、客席などの設置をしていきます。次に、音響や照明などの設備に不備がないかを確認します。イベントが終われば設置したもの外したり解体したりし、会場から搬出してトラックへ積み込んで終わります。

ステージの設営の流れを考えると、本当に体力のいる仕事です。トラックの積み込み作業は体力だけでなく、無駄なスペースを作らずに積み込む場合には、数学的な要素も入ってきます。そして、照明や音響に関しては、当日限られた時間で作業し、位置・動作のチェックを行わなければならないので、時間をかけずスピーディーに設置しなければなりません。イベントが終われば、会場の使用可能時間にもよりますが、設置したものを即座に解体・撤去することになります。そして、機材や道具をトラックに積み込み搬出して、すべて終わりとなります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *