2018年5月3日

ステージを設営をレンタルにするかどうか

ステージの設営はレンタルで行なったり、機材を購入してイベントが発生したら使用するという様なパターンがあります。

レンタルでステージの設営する場合の相場の目安としては3日間のレンタルでは10万以上(規模によって変化する)するとされており、それに加えて時間短縮のために組み立てを業者に依頼したら更に出費が増えることになります。使用する回数を考慮した場合学校などでは毎年、入学式から文化祭や学園祭に運動会から卒業式迄と言う具合に定期的にステージを設営する事から、毎回レンタルするならば高くつく結果になる事があります。

よって購入して使用する際自分たちで組み立ててコストを下げる方がお得になり、また近辺で同じ様な舞台を使用するところがあるなら共同で購入と管理をしてそれぞれが必要な時に使用するならばよりリーズナブルになります。購入する場合は一般的なものだけではなく、経験がない初心者でも組み立て可能なものや簡単なポータブル仕様のものといった使い勝手の良いものがあります。

例えば折りたたみ式のアルミ製のものなどは軽さがあるため持ち運びも簡単で組み立てや収納にドライバーやペンチ等の工具が一切不要である点と、サビにも強くて強度も高いので屋内だけでなく屋外での使用もできるといったメリットがあるのが特徴です。ポータブル仕様では超軽量で女性でも楽に持ち運びができて専用のキャスター付き収納ケースがつくものならばコンパクトに収納することが出来るといったり点が挙げられます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *