2018年4月15日

自分達でイベント時のステージ設営をする事は可能です

イベントを開催する時にはステージを設営する必要があります。

その場合専門の業者に頼んで作業してもらう事が多いですが、自分達で作る事も可能です。しかし素人が簡単に作れるか心配に思う人もいると思いますが、意外と簡単に出来るので問題ありません。

例えばステージをレンタルで借りてくれば1台およそ10分程度で組み立てる事が出来るものもありますし、組み立ても難しい作業ではないので誰にでも設営する事が出来ます。レンタルできる種類も沢山あるので、会場に合わせて適したものを作り上げる事が可能です。

またステージは一般的には四角い形のものが多いですが、角が丸くなっているものもありますし、四角形でも正方形や長方形でもイメージはかなり変わって来ますので、一通りどのようなものがあるかをチェックしてから理想の形のものを選ぶと良いです。

ステージは基本的な構造として、脚部と天板を組み合わせた形のものになっていますが、足部は高さを色々出す事が出来ますし、天板も滑りにくい加工がされたものやカーペットタイプのものがあり、カーペットタイプのものを使用すれば、その上を歩いた時にコツコツという足音を小さくする効果もあります。

このように脚部と天板にも種類がいくつかあるので、組み合わせたり調整する事で様々な形を作る事が可能です。

他にも、傾斜地でも設営できる脚部があり、取っ手を回す事で高さを自由に調節できるので、屋外に設営する場合は非常に助かります。このように専門業者に頼まなくてもレンタルで様々な種類のものを借りてきて組み合わせれば自分達で理想のステージを作り上げる事も十分可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です