2018年4月9日

ステージ設営のプランはオプションも充実

ステージを設営する方法は様々でシンプルにただ設営するやり方の他にも凝った方法も存在します。

工夫を凝らすことによって現場の雰囲気にマッチしたステージの設営を実現させることが可能なため、ステージそのものとオプションの内容をしっかり確認しておくのが良い方法です。設営代行会社のサービスプランは案外種類が豊富なことが少なくありません。

どのプランやオプションを選ぶかによってサービスの内容に大幅な差が生じてくるため、奥行や幅についても充分に確認して選ぶことが重要になります。オプションサービスも種類が多いですが、その1つとして挙げられるのが脚部に設置するスパイクです。

スパイクは一般的な場所では設置することはありませんが、ステージを砂浜のような地面が不安定な所に設営する場合に重宝します。スパイクを設置することによって安定感が増すため安全に利用することが可能です。

他にもカメラマンが利用する台なども用意されています。こちらは、およそ80cmぐらいの高さの台で、カメラマンが撮影のために乗って利用します。観客席などからよりも高い場所から撮影することができるのがメリットです。

台は80cmの高さですが、カメラを構える位置は更に高くなるため、2mより高い位置からの撮影することができるようになります。

地上からは撮影できないアングルで撮ることができるので優れた映像を撮影することが期待できるのです。900kgという高い耐荷重性があることもポイントとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *