2018年4月3日

ステージ設営を最適な規模で行うために

会社などで入社式等のイベントを行う担当にされた場合にはまず考えなければならないのが会場をどこにして出席人数が何人でといった見積もりを出すことでしょう。

その上で会場にステージがあればそれをどのように装飾するかという対策を考えることとなりますが、平地で何もない場所であった場合等にはステージ設営をどうするかということを検討しなければなりません。

場所によりどのようなステージがあるかということをあらかじめ知っておくと無駄に豪華なものを設営しなくてよいので事業者が提供する内容についてみておきましょう。まず、イベントが行われる場所が屋外か屋内かという点で違いがでてきます。

屋外で行われる場合にある程度大型のものが必要となってくるとともにテント部分もあるものの方がよいかもしれません。雨天や日差しがきつい際に体調不良の人が出るのを防ぐことになるからです。

この場合には例えばモデックスステージのような単管足場と同じように組みあわせる仮設のものをレンタルして設営するのがよいでしょう。

それに対して屋内でこじんまりと行う場合にはアームとポールで箱のようなものを造りだし、それを組み合わせることで一つのステージを作り上げるものをレンタルして設営するとよいでしょう。

イメージとしては木箱を複数集めて、土台を作っている形になります。その上にシーツなどを敷いて外向きには綺麗に仕上げるのです。まだまだ部材はありますが、このような観点から設営を最適な規模で行うことを考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *