2018年3月31日

ステージの設営をうまく行うコツ

さまざまなビジネスシーンや地域のイベントなどでステージの設営が必要になった時には、レンタルをするという手もあります。

これですと必要な時だけ会場に届けてもらい、使い終わったらまた引き取りに来てもらえます。たまにしかステージの設営を行わない時にはとても良い方法です。

レンタルだと質が悪いということはなく、本格的なステージを設営することができますので安心です。見た目の雰囲気の良さに加え耐荷重もしっかりしています。自分で組み立てが可能なタイプは、組み立てやすくなっていますから使い勝手が良いです。

ちなみに、さらに雰囲気を良くしたい場合には、専用のスカートを使うと良いです。こちらもレンタルすることができます。これを使えばステージの脚部を隠すことができるとともに落ち着きのある外観になりますので雰囲気が良くなるのです。

スカートは3日までの場合は2000円程度でレンタルできますので助かります。取り付ける時には、マジックテープが付いている器具を使って取り付けますので、とても簡単に作業できます。

ステージの設営をする時には、その他のスペースにテーブルを設置することもあるでしょうが、そこに取り付けるオプションも存在していて覚えておくと役に立つことがあります。例えば、丸テーブルにかけることができるクロスがあります。

こちらも雰囲気を良くすることができるので便利です。色々なデザインが用意されていますので、会場の雰囲気に合わせて選べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *