2017年5月5日

顔のたるみを改善するマッサージ

“顔がたるむと、それだけで老けた印象になってしまいます。

たるみの原因は、皮膚だけでなく、脂肪や筋肉までたるんでしまうことです。マッサージをして筋肉をすることで、内側から顔のたるみを改善することができます。

まず、おでこの中心から左右に向かって円を描くようにマッサージします。爪は立てずに、強く皮膚を擦らないようにするのがポイントです。

次に、眉の下を指で押していき、目の下も同様に押していきます。こめかみを押して、目の筋肉への刺激は終わりです。目の周りの皮膚は、顔の中での特に薄いので、力を入れ過ぎたり、擦ったりしないようにしましょう。

鼻は上から下に向かってマッサージした後、胸骨にそって指で擦っていきます。顎の先からフェイスラインにそって、持ち上げるようにマッサージしたら、顔のたるみマッサージ改善のマッサージは終了です。基本的な動きとして、顔の中心から外側に向って行くという動きになりますが、これはリンパの流れにそった動きです。リンパの流れが悪くなってしまうと、老廃物がたまり、たるみが悪化してしまいます。

リンパの流れを良くするために、鎖骨や脇の下など、リンパが集まっている部位を擦るのも効果的です。たるみというのは、寝不足などの悪い生活習慣によっても引き起こされます。少し擦ったくらいでは改善しませんが、継続することで顔がはっきりして、フェイスラインが上がっていくのが実感できます。毎日入浴後に行うなど、習慣化しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です